2018年01月31日

2018年注目の新業態を占う

 2018年,外食業界にとっては労務問題,値上問題が喫緊の課題であると言っても過言ではないでしょう。とはいうものの,後ろ向きな話題ではなく1月は新春に相応しく,これまでの業界トレンドを踏まえて本年度注目される新業態を占ってみたいと思います。

 昨今は肉ブーム。昨年末は幸楽苑HDが「いきなり!ステーキ」にFC加盟し話題となりました。ペッパーフードサービスは2018年,「いきなり!ステーキ」のロードサイド型店舗を140店出店し,国内出店数は合わせて前年比3倍の200店としています(日経MJ:2018/1/22:P13)。柿安本店は,2017年4月から中京地区を中心に展開してきた「柿安Meat Express」を関東に初出店します。「柿安Meat Express」は10坪程度で出店できるフードコート型店舗で,1,000円以下で食べられる「牛しぐれ丼」や「ローストビーフ丼」が人気の新業態です(日経MJ:2018/1/31:P13)。ドトール・日レスHDは,好調な肉業態「腰塚」の百貨店や商業施設内の出店を加速させます。同社の大林会長は「黒毛和牛は消費者に味の違いを訴えやすく、多少高くても売れる。高齢化が進む中、少量で高級でもおいしいものを求めるシニア世代も今後は増えるだろう」とコメントしています(日経MJ:2018/1/10:P13)。

 また,食主体,シンプルオペレーション,低価格の業態も元気です。アスラポート・ダイニングは,スタッフひとりで運営できる(いわゆるワンオペ)セルフサービス式のラーメン店「辛味噌麺かのと」の展開を始めます。同社は同業態を,2018年には都内を中心に10店舗まで出店する予定です(日経MJ:2018/1/15:P13)。すかいらーくは,既存のバーミヤンよりも小規模で値ごろ感のある「ばーみやん軒」を用賀駅前に出店しました。フードメニューは基本的にバーミヤンと同じですが,餃子やラーメンなどの低価格なメニューを中心にラインナップし,値ごろ感を演出しています(日経MJ:2018/1/31:P13)。居酒屋を中心に120店舗を展開するファイブグループは,スパゲッティナポリタン専門店「パンチョ」の出店を加速します。2018年は6店舗程度出店,その後は10店舗程度出店していく計画です(日経MJ:2018/1/10:P13)。

 そして,業態開発のもうひとつのキーワードは「機動力」。デリバリーシステムまではいかないまでも,いかにテイクアウト需要を獲得するかが利益率を左右すると,筆者は考えています。鶏唐揚げ,豚かつ,天ぷらなど,テイクアウトが効く揚げ物業態は店舗数が伸びています。和食店をチェーン展開する長野の王滝が寿司店を改装して豚かつ業態を開店します(日経MJ:2018/1/15:P13)。串カツ田中は,関東圏から地方にも出店エリアを拡げ,2018年11月期の新店を55店(前年比140%)程度と見込んでいます(日経MJ:2018/1/29:P15)。

 「肉,シンプルオペレーション,機動力」この3つのキーワードで,2018年の業態トレンドをウォッチしていきたいと思っています。

(無断掲載,転載を禁じます)

posted by 山岡雄己 at 15:04| Comment(0) | 時評

2017年12月31日

2017年外食チェーン業界を振り返る

大晦日の本日,2017年の外食チェーン業界を振り返ってみたいと思います。慣例に従って今年の10大ニュースを,筆者の独断で選んでみました。来年は,ビールをはじめとする原材料の高騰,人材不足による労務コストの増大など,厳しい局面が予想されますが,とまれみなさま,よいお正月をお迎えください。

第1位 回転寿司業界再編 スシローと元気寿司,経営統合へ
最大手あきんどスシローと,第5位の元気寿司が,米卸最大手の神明(神戸市)の主導で経営統合。国内シェアで,「かっぱ寿司」,「はま寿司」,「くら寿司」の4大チェーンのなかで,頭一つ抜きんでる。スシローの規模の経済性と,海外展開に強みを持つ元気寿司とのシナジーが期待される。

第2位 幸楽苑 いきなりステーキにFC加盟,業態転換を図る
幸楽苑HDは,全チェーンの1割弱にわたる52点を年内に閉鎖した。不振店の大量閉鎖で財務体質の再建を図る。また,いきなりステーキにFC加盟し,路面店を中心に業態転換を進める。ラーメン単一業態で成長してきた同社だが,肉業態を新たな柱とすることで経営のリスク分散をする戦略であろう。

第3位 鳥貴族をはじめとして 外食業態は軒並み値上げへ
28年ぶりに鳥貴族が税別280円から298円に値上げした。それに続くような形で,外食チェーンではメニューの値上げが相次いでいる。昨今の原材料費高騰,人材不足のコスト圧迫が深刻だ。ビールの値上げは2018年春にも予定されていることから,業界は更なる値上げを検討せざるを得ないだろう。

第4位 マック,ワタミなど 業績復調
マクドナルドの2017年12月純利見込みは過去最高の200億円程度となる見込み。ワタミは複数の新業態転換が奏功して2018年3月期では最終損益が黒字転換する見込み。業界を牽引してきた両社は,トンネルの出口が見えてきたようだ。

第5位 外食業界の労務問題が顕在化
ロイヤルHDは年末年始の営業を行わない店舗を増やす。他チェーンも同じく,年中無休営業や24時間営業を見直す動きが進んでいる。採用難,時給高騰,残業代支払や社会保険加入の厳格化で,外食チェーンの労務コストが利益を圧迫している。

第6位 東南アジア中心に海外進出が活発
トリドールはミャンマーで低価格うどん店,串カツ田中はシンガポール進出,ホットランドはインドネシアに銀だこ,フジオフーズはベトナムに串揚げ店,など。

第7位 イグジット型M&Aがトレンドに
トリドールは晩杯屋を買収,バルニバービは串揚げのリアルテイストを完全子会社化,など。IPOではなく事業売却をイグジットとする外食ベンチャーが増えている。

第8位 揚げ物業態が堅調 から揚げ,とんかつ,牛カツ
松屋フーズはとんかつ「松のや」天ぷら「ヽ松」,リンガーハットはとんかつ「濱勝」,アークランドは唐揚げ「からやま」,新興ゴリップ「勝牛」,など。

第9位 外食チェーン各社 デリバリー機能を外注
マック,元気寿司,スシローの首都圏エリアなどはウーバーイーツと提携,吉野家,大阪王将の一部などは出前館と提携,各社合理化と機動力向上を狙う。

第10位 2017年 外食チェーンの倒産
東京商工リサーチによると,飲食業倒産件数は,2017年1〜11月で前年比19.8%増。2016年に中小企業庁長官賞を受賞した炭焼きピザ「ナポリス」の遠藤商事も4月に倒産。


(無断掲載,転載を禁じます)

posted by 山岡雄己 at 12:00| Comment(0) | 時評

2017年11月30日

業況短信の見方

 今月は,外食チェーン企業の業況を見ていきたいと思います。当然のこととして企業によって業績が良かったり悪かったりということがあり,また業績の良い企業にも波があるので今良くてもこれから悪い局面が来ないとは言い切れません。
 筆者としては,この施策が奏功したから業績が好転した,ここでの拙策が悪化を招いた,などと後付で批評するのはナンセンスであり,それらはすべからく「平均への回帰」を表しているに過ぎないと考えています。したがって業況を見る際には,既存店売上ベースあるいは12ヶ月売上移動累計などからトレンドの上がり下がりを概観し,売上や利益の波が回復不能な異常値を示していないかをチェックする,というスタンスをとっています。

 とまれ,今月の業況関連の新聞記事は下記のとおりでした。今月最大のトピックスは,幸楽苑HDの「いきなりステーキ」FC加盟,だったと言えるのではないでしょうか。不振店52店を「いきなりステーキ」に業態転換させるという方針は,時間のかかる独自業態開開発ではなくFC加盟による業績回復のスピードを求めた経営判断であった,と評価できます。
 幸楽苑HDは好調な日高屋と比較されがちですが,ロードサイド型の幸楽苑と繁華街型の日高屋では,もともと業態が違います。業績の差は,伸び悩むファミレスニーズに依拠していた幸楽苑よりも,拡大している「ちょい飲み」ニーズを捉えた日高屋のほうに歩があったもの,と解釈できます。この不振時にあえてFC加盟による多角化,リスク分散というドラスティックな手を打った幸楽苑HDの動向を,大いに期待感をもってウォッチしていきたいと思います。

 その他,モスバーガーやサンマルクの苦戦,復調してきたワタミ,好調なトリドール,などの記事が見えました。これらも前述したように「経営の波」の一局面であることは自明であり,コンサルタントは直近の表面的な業況を安易に批評するのでなく,大きな外食マーケットのトレンドを捉えて未来を予測しなければならない,と自戒するところです。

●幸楽苑HD、「いきなりステーキ」をFC展開(日経MJ:2017/11/01:P19)
●マクドナルド23ヶ月連続で前年同月比がプラス(日経MJ:2017/11/8:P19)
●トリドール好調,上半期は前年対比15%増の純利30億円(日経朝刊:2017/11/9:21P)
●値上げの鳥貴族は10月3.8%の減収(日経MJ:2017/11/10:P15)
●モス苦戦,上半期は前年対比17%減の純利15億円(日経朝刊:2017/11/11:13P)
●幸楽苑,上半期は初の赤字で52店を閉店(日経朝刊:2017/11/11:7P)
●ワタミ,脱「和民」で17年4〜9月期に経常黒字化(日経朝刊:2017/11/15:P17)
●サンマルクHD,今期は減益で前期比17%減の36億円(日経朝刊:2017/11/15:P19)
●ゼンショーHD,多角化裏目で株価7ヶ月ぶりの安値圏(日経朝刊:2017/11/17:P17)


(無断掲載,転載を禁じます)

posted by 山岡雄己 at 23:41| Comment(0) | 時評